電子書籍では代替できない資料「布の絵本」提供の現状と課題

石堂彩、大田陽香、釜井美咲、木村由紀乃、藤佳純、前川晴香(50音順)
統括・責任著者 片山ふみ
※画像インデックスに使用している布の絵本は前川晴香による作品です。
 


アブストラクト

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、図書館界は前例のない対応に追われてきた。この状況下において、非来館型のサービスが注目を浴びたそこで我々は、非来館型サービスに着目し、さらに、直接触れることでしか本領を発揮できない布の絵本に着目し、非来館型サービスとしてとらえた場合の布の絵本の提供状況を把握し、課題について考察することを目的として共同研究を実施した
 関東地方、近畿地方、それぞれ7都道府県の市区立図書館の中から等間隔抽出法にて抽出した70館を対象に各図書館のwebサイトおよびOPACを調査した結果、布の絵本のOPACにおけるファインダビリティが極めて低いこと、非来館型の利用を想定した場合、布の絵本の利用は極めて困難であることなどの課題が明らかとなった。これらの課題に対して、すでに実施されている工夫などから着想を得て、いくつかの解決方法を提案した。


詳細はログインしてご覧ください!

今後の予定

・11/1から文章による説明公開!
・11/15(予定)から片山ゼミ生によるプレゼン動画の公開!乞うご期待

 

キーワード
対象
どなたでも