開幕!図書館総合展2024

開催日時
-
開催方法
会場開催(横浜市中央図書館)/ 一部をオンラインでLIVE
事前申込
要申込
定員: 200
このイベントへの申込には総合展アカウントでのログインが必要です。 ログイン後の画面に表示される申込みボタンよりお申込み下さい。アカウントの登録はこちら
定員
200
「第26回図書館総合展2024」は6月29日、この日から開幕します。kick offはリアル開催。会場は、秋の本展開催地でもある横浜の「横浜市中央図書館」です。"今年の図書館界トレンド"をまず大づかみできる本会に、是非ご来場ください。オンライン1期もこの日からです。プログラムをチェックしてたくさんのイベントにご参加ください。

 

◆当日について

 

++++プログラム++++

■第1部「図書館を使いまくって完成した映画―じょっぱり看護の人 花田ミキ」

登壇者 :五十嵐匠氏(映画監督)

      鎌倉幸子氏(プロデューサー)

  司会 野末俊比古氏(青山学院大学教育人間科学部長)

7月から上映される「じょっぱり!看護の人 花田ミキ」は花田ミキさんの時代を正確に再現するために図書館の資料は非常に大切な役割を果たしました。今回は野末俊比古先生に進行をお願いし、本作品の監督である五十嵐匠氏・同プロデューサーである鎌倉幸子氏にご登壇いただき本作品にいかに図書館が必要であったか、また、図書館を使用した際の苦労話などを伺います。

▼映画公式HP▼

https://hanadamiki.com/

▼予告編YouTube▼

https://youtu.be/Zw_uV0qOdA4

 

■第2部「図書館・AI ~横浜市立図書館の新しいサービス~」

登壇者 :澤田るい氏(横浜市中央図書館企画運営課 企画調整係長)

      鈴木祐介氏(富士通Japan株式会社 教育サービス事業部)

  司会 野末俊比古氏(青山学院大学教育人間科学部長)

横浜市立図書館は、令和6年1月に行った図書館情報システムの更新に伴い、様々な新サービスを導入しました。その一つが「蔵書探索AI」です。富士通Japan株式会社と青山学院大学の共同研究により開発された本システムを、全国に先駆けて導入しました。今回は、導入の経緯などについて図書館の担当者が説明するとともに、開発に携わった富士通Japanの鈴木祐介氏と青山学院大学の野末俊比古先生に、開発時の裏話やシステムの特徴についてご説明いただきます。これから図書館での活用が進むと想定されるAIについて、考える機会としませんか?

 

■第3部 本展出展者&企画チームによるリレートーク「今年はこれ推しです!!」

今秋本展とくにオンライン1期での出し物や今年"推している"ことについて、出展者&企画チームが次々PRトークをしてゆきます。おのずと図書館界の今年のトレンドを物語るものになる…、おたのしみに。
出展申込(あるいは出展見込のご連絡)をいただくと今からでも参戦できます。ご検討を。

 

■展示ほか

当日は会場では、各出展者の資料類も並びます。企画や購買等々を進めておられる方には、まとめて資料を集めていっていただければと存じます。

 

 

 

第1部登壇者のご紹介

””

映画監督:五十嵐匠氏(いがらししょう)

日本映画監督協会所属。

1958年⻘森市生。弘前高等学校、立教大学文学部卒。

岩波映画・四宮鉄男監督に師事。TBS「兼高かおる世界の旅」制作のため、アラスカをはじめ、世界各国を回る。以後フリー。

監督作品

⻑編ドキュメンタリー映画「SAWADA」(1996)毎日映画コンクール文化映画グランプリ。

映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」(2000)(浅野忠信主演)毎日映画コンクール主演男優賞。

映画「HAZAN」(2003)(榎木孝明主演)ブルガリア・ヴァルナ国際映画祭グランプリ。

””

プロデューサー:鎌倉幸子氏(かまくらさちこ)

青森県弘前市生まれ。花田ミキさんと同じ青森県立弘前中央高等学校を卒業。国際協力NGOである公益社団法人シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所に8年間勤務し、内戦後のカンボジアで500を超える小学校に図書室をつくるプロジェクトの担当をする。日本に帰国後の2011年には公共図書館が壊滅的な被害を受けた岩手県入りし「いわてを走る移動図書館プロジェクト」を立ち上げる。2016年にかまくらさちこ株式会社を設立。2020年より特定非営利活動法人エファジャパンで海外事業を担当。2021年からは映画「じょっぱり-看護の人花田ミキ」のプロデューサーとして制作協力する中で「図書館なくして映画なし」という思いを強くした。

””

コーディネーター:野末俊比古氏(のずえとしひこ)

青山学院大学教育人間科学部長・教授。学術情報センター助手、文部省社会教育官、青山学院大学文学部専任講師・助(准)教授、国立情報学研究所客員助(准)教授などを経て、現職。専門分野は図書館情報学・教育情報学。「学びを支える図書館」に関心を寄せ、研究を進めている。

リーダーを務める富士通Japanとの共同研究プロジェクトの成果である、AIを活用した文献探索システムが横浜市立図書館に導入された。

プロデューサーの想いに感銘を受け、「じょっぱり」のクラウドファンディングにも出資した。

   

タグ(選択式〈推奨〉)
開催年
2024
主催
図書館総合展運営委員会
共催
横浜市中央図書館