天理大学情報ライブラリーの、2019-2020年度の取組みを紹介します。

天理大学情報ライブラリーの、2019-2020年度の取組みを紹介します。

天理大学情報ライブラリー

天理大学情報ライブラリーのページです。
情報ライブラリーは附属天理図書館と協力し、
学内者専用図書館として研究や読書活動をサポートしています。
 
コンテンツ

テーマを選んでクリックしてね

案内係のポータ君です
ガイダンスパート

在宅での学習に役立つよう、資料の調べ方についてページを作成、学術情報にスムーズにアクセスできるようになりました。
 

A:ライブラリーツアー(1年次生向け)

案内動画を作成し、ライブラリーツアーの資料に組み込みました。
動画は、写真と画像をPowerPointで組み合わせて作成しました。

B:卒論ガイダンス(3年次生向け)

それぞれの学問分野にあわせたガイダンスの実現を模索し、卒論ガイダンスをユニット化しました。また、学年問わず受講できる形を整えました。

参考:ガイダンスリスト

教員が必要なものを選び、自由に組み合わせることで、より柔軟にガイダンスを実施ができるようになりました。

選択中Gif
 
イベントポイントラリーパート
ポイントラリーポスター

ポイントラリー
図書館のサービスをより知ってもらうために、2019年度に実施しました。。図書館資料の貸出、ガイダンスやワークショップ参加でポイントを集めると記念品がもらえるイベントです。参加申込後は、ポイントが自動で加算されるので、学生も気軽に参加してくれました。

参加者 93名

授賞式
獲得ポイント10位までの学生に、情報ライブラリー所長より記念品を授与。上位3名にはiTunesカード、情報ライブラリーオリジナルサコッシュと缶バッチを贈呈しました。

コラージュ川柳ミニガイダンス消しゴムはんこ新聞でSDGs
次はおりがみくじです
おりづるGIFイベントおりがみくじパートおりがみくじGIF/></div>

<div style= 
おりがみくじポスター

2020年度春学期に企画したおみくじの展示。秋学期に感染予防に配慮した方法を考え復活させました。
 
「おりがみくじ」とは、「おりがみ」と「おみくじ」を組み合わせて作った言葉です。
動物、もみじなどの折り紙を選んだらおみくじもついてきます。おみくじには、今日の運勢と図書の一文が付いた【お守りことば】が・・・
読んだことがない本や、普段手に取らない本と出会える展示で、学生に楽しんでもらえました。

詳細はこちらからどうぞ 【おりがみくじ

 
学生さんの作品です 学生さんの作品です
展示の全体図です
展示の全体図
展示パート

教員著作コーナー

執筆した先生に著書の紹介文を書いてもらい、図書と一緒に展示しています。
先生方、学生ともに注目が高く、貸出も増えているため、コーナーを拡張。教員が授業で紹介した図書をまとめて展示しました。
秋学期はさらに新任教員のおすすめ図書を展示しています。

教員著作POP教員著作コーナー
教員個別POP教員個別著作コーナー

黒板書架

カウンター手前には、黒板書架があり、スタッフやピア・サポーターズたちが、さまざまな展示を行っています。
思いがけないイラストやデザインの才能を見せてくれることもしばしば。力作に出会うことのできる、魅力あふれる展示の一つになっています。

黒板書架1 黒板書架2

DVD展示

DVD利用促進のため、毎年春と秋に「DVD貸出ベスト30」と「テーマ特集」の展示をしています。語学専攻の学生さん向けに「映画で英語をモノにする!」のテーマ展示を行いました。
2019年度秋に、リスニング難易度をポイント表示し、英語を学ぶ上でのおススメポイントを紹介しました。展示の映画を観にたくさんの学生が利用してくれました。

「映画で英語をモノにする!」展示

DVD展示1 DVD展示2
 

「映画で英語をモノにする!」リスト

リスト
体育分室パート

ようこそ!

ポータ君ウェルカムボード
 

情報ライブラリー分室は、体育学部キャンパス内にある図書室です。立地を活かし、体育・スポーツ・健康科学関係の図書や雑誌を中心に揃えています。

分室雑誌書架
 
毎月「今月のお知らせ」を発行し、学生が多く集まる学生ホールに掲示。
また、月替わりの特集コーナーや、シラバスに掲載された参考図書などの展示も利用者に好評です。教員著作コーナーでは、教員のおすすめコメントを付けて著書を展示しています。
分室シラバス参考書分室特集展示
分室教員著作コーナー今月のお知らせ
 

おりがみくじにチャレンジ! 今日のあなたの運勢は?

情報ライブラリー紹介動画 各動画の画像をクリックしてください。

作成方法

アニメーションの設定および、画像の加工をPowerPoint上で行っています。
その後、いくつかのオープンソースのアプリケーションを使い、動画キャプチャおよび音声の作成、編集、仕上げをしました。
キーワード

関連キャラクター