開催日時
-
開催方法
ZOOMウェビナーによるオンライン開催
想定対象
公共図書館・学校図書館・教育委員会 関係者
事前申込要不要
申込必要 ※りぶしるホームページからお申し込み下さい
定員
200

テーマ展示による図書館利用への影響と展示事例共有による業務への影響を実証実験として分析を行いました。その結果から見えた成果と課題、今後への取り組みについて、実証実験参加館のパネラーから語っていただきます。


【登壇者】

 

新谷 良文

  ・コーディネーター: 新谷 良文

    りぶしる委員会 委員

    北広島市図書館 館長

 

 

 

中村 緑3

 

           ・パネラー: 中村 緑
       一戸町立図書館 事業総括責任者 

 

 

 

 

 

 

畠山 美幸3

 

     ・パネラー: 畠山 美幸
      一戸町立図書館 司書

 

 

 

 

 

 

古川 淳4

 

   ・パネラー: 古川 淳
   由利本荘市中央図書館 参事兼館長補佐

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                          

平石 千明5

  

        ・パネラー: 平石 千明
     一関市立一関図書館 主任司書

 

 

 

菊池 晃成3.

 

       ・パネラー: 菊池 晃成
      久慈市立図書館 副責任者

 

 

 

 

 


【お申込み方法】

以下の、りぶしるHPよりお申込みください。

お申込み受付は終了いたしました。


開催年
2021
主催
図書館サービス向上委員会(りぶしる)
登壇者

・パネラー: 新谷 良文(北広島市図書館 館長)

・パネラー: 平石 千明(一関市立一関図書館 主任司書)

・パネラー: 中村 緑(一戸町立図書館 事業統括責任者)

・パネラー: 畠山 美幸(一戸町立図書館 司書)

・パネラー: 菊池 晃成(久慈市立図書館 副責任者)

・パネラー: 古川 淳(由利本荘市中央図書館 参事兼館長補佐)