コロナに負けない図書館

 

 

コロナに負けない図書館

2018年末から継続していた図書館改修工事の最中、世界はコロナ禍に見舞われた。進行していた改修工事も大詰めとなっていたが、コロナ対応に追われる中、施設改修も急遽コロナ後の社会に対応する形での構築が進められた。

つるみん旗

 


 

つながる

テレキューブ

tc


コロナ禍により就職活動の説明会・面接、講義等のオンライン化に伴い、それらを学生が受講する場所が求められた。

図書館という施設は基本的には静寂な空間であり、音がでるtck設備はそぐわない。ゾーニング等で対応する方法もあるが、利用者が静かに集中して活動することは難しいし、プライバシーも守られているとはいいがたい。そこで密閉した空間でありながら、広々とした景観が形成できる吹き抜けに個室型ワークスペース(テレキューブ:㈱オカムラ)を3台設置した。

就活を主な用途とする場合、キャリア支援関連部署に設置する例が多いが、あえて図書館で導入することで所属する学部学科を問わず、かつ多様な用途での使用も可能となった。

就職活動やオンライン講義の受講、サークルの打ち合わせなどで頻繁に利用されている。

 

 

ラーニングコモンズ3

kamera通常の講義の他、YouTubeへのリアルタイム配信なども可能な施設。オンライン講義での教材作成、シンポジュウム、募集動画作成などの用途で活用されている。

 

lc3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探究する

図書館3Dビュー

gfd

 

3dv
👆鶴見大学図書館3DVIEWリンク

来館せずに館内の様子をバーチャルに体験できる。コロナ禍における非来館型サービスの一つとして作成されたコンテンツではあるが、改修工事後の施設紹介も兼ねている。なお当館の内部はGoogleストリートビューにも掲載されているが、本サービスでは、館内にポイントを設定し、施設ごとの解説を見ることできるところに特徴がある。

 

 

 

3Dプリンター

図書館にファブスペースを設置する例も徐々に増えているが、現在のところ当館ではファブスペースの機材としてよりも専ら世界各国の博物館から収蔵品 や文化財のデータをダウン ロードし、ミニレプリカを作 成・展示している。今後は作成したレプリカの視覚障碍者施設への寄贈も予定している。

moai

 

 

 

識る

れきおん「歴史的音源」

「れきおん」は、1900年初頭から1950年頃までに、国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説等、約5万の音源を配信する国立国会図書館によるサービス。サービス加盟館となったことにより、図書館内限定公開音源の視聴ができるようになった。

れきおん

 

オンラインガイダンス 動画、レファレンス

オンライン講義に対応するために図書館利用ガイダンスの動画を作成した。同時にレファレンスでは事項調査のMicrosoft Formsによるオンライン受付を開始した。