離席中
在席時間
  • 9:00-18:00
図書館向けIC機器メーカー、信頼と実績のタカヤです。
概要

動画内容

【1】 ハンディターミナル

・図書館向けハンディターミナル TR3-HT201BT バーコードリーダとの比較を紹介

【2】 IC書架システム

・予約コーナーでの書棚アンテナの活用方法を紹介

【3】 BDSゲート

・入退室時の未貸出本の検知と人数カウント機能を紹介

【4】 自動貸出機・返却機

・自動貸出機・自動返却機の採用事例を紹介

 

◆会社概要◆

当社は大正7年に岡山県で設立されました電子機器メーカーです。

RFID機器は1995年に開発を開始し、2002年にはISO15693に準拠した「TR3」シリーズをリリース、2012年にはNFC対応リーダライタ「TR3XM」をリリースし、2019年に書棚アンテナの新モデル、4Wのリーダライタの後継機種「TR3X」をリリースしました。

いずれも自社開発、国内生産にこだわり、信頼性の高いモノづくりを実現しております。

弊社HF帯RFID機器は、2006年に公共図書館様に導入いただいたのを皮切りにおかげさまでに160以上の自治体様にご利用をいただいております。

 

◆UHF帯の機器に関しては別のページにてご紹介をしております。以下のURLをクリックしてください。

https://www.libraryfair.jp/booth/2021/sub/1453

 

 

タカヤが選ばれる理由とは??

IC機器の導入効果

 

【新製品 情報】

2021年4月にはBDSゲートの新モデルTR3X-G004を販売しました。新機能としてランプを常時点灯させられるようになっています。色も選択で変更をする事が出来ます。クリアゲートとなり視認性を高める事でより使い勝手のよい製品となっております。

TR3X-G004 グリーンランプ点灯

 ◇HF帯IC機器の個別の使用方法やお問い合わせに関して。

更に詳しく知りたい、もしくはカタログやデモ機などが必要でしたら、以下のお問い合わせから連絡をお願いいたします。

 

 

キーワード
開催年
2021
共同出展社
図書館流通センター
担当者
太田 直
webサイト
公開用メール
rfid@takaya.co.jp
電話
03-5449-7045
Fax
03-5449-1423

お問い合わせ