【図書館紹介】

 大阪府河内長野市に所在する私立清教学園中・高等学校の学校図書館「リブラリア」です。在籍スタッフ6名(専任司書2名、専任司書教諭1名、非常勤司書1名、非常勤教諭1名、非常勤職員1名)で、1,800名近くの生徒・教職員へのサービスを担っています。フィクション、ノンフィクション、論文指導、ICTなど、それぞれのスタッフが各領域に専門性を持つ、多様な人材が集う学校図書館です。

上の画像をクリックすると、動画作品『リブラリアの一日』を視聴できます。

図書館の一日の様子を定点カメラで撮影し、10分の早回し動画に編集しました。(2015年の映像です)


 子どもの興味に寄り添い「なんでも学べる学校図書館」を目指した結果、年間貸出冊数4万冊以上を達成。スタッフが授業を担当する総合的な学習の時間「卒業論文『なんでやねん』」を中心に、授業・授業外とも活発に利用されています。司書と生徒の距離が近く、いつでも賑やかに利用されています。

 


【主催イベント紹介】

今回はリブラリアの実践をリアルタイムで見学できる、全2回のライブイベントを用意しました。

参加された皆さんからのコメントを受けて進める、以下のようなコンテンツを用意しています!

 

【高校生が「衝撃的だった本」をテーマにトークライブ / 学校図書館のナイショバナシ(交流・懇談会)】

イベント詳細・予約ページ → https://2020.libraryfair.jp/forum/2020/f094

本や図書館の話を通じて繋がりませんか。図書館教育に力を入れる大阪の私立中高、清教学園と千里国際がタッグを組んで、「交流」に焦点をあてた2つの企画を用意しました。学校図書館で働く教職員さん、生徒さん、中等教育現場の図書館活動に興味のある方、どなたでもお越しください!

トークライブ写真
スタッフの画像

 

~

【図書館とICTをバリバリ使う、卒業論文の授業をライブ配信 / 小さな司書さん(生徒)が放課後の図書館をご案内】

イベント詳細・予約ページ → https://2020.libraryfair.jp/forum/2020/f093

清教学園図書館「リブラリア」の実践をライブで公開! 図書館教育に力を入れる大阪の私立 清教学園中・高等学校が、その実践の様子を余すところなくライブで公開します。探究学習指導担当の先生、学校図書館で働く教職員のみなさん、中等教育現場の図書館活動に興味のある方、どなたでもお越しください!

授業写真
図書館の様子

【イベント参加方法】

いずれのイベントも事前の予約が必要です。各ページで詳細の確認とイベント予約を行ってください!

ご不明な点がありましたら(yamazakiyuki@seikyo.ed.jp)までメールでご連絡下さい。

開催年
2020
出展社
清教学園中・高等学校 総合図書館リブラリア