皆さま,初めまして。またはこんにちは。白百合女子大学基礎教育センターの今井福司です。

本務先では司書課程・司書教諭課程を担当しております。学校図書館を専門にしています。

図書館総合展ってどんなイベント?という方はこのページを見ていないとは思いますが,改めて解説しておきます。

図書館総合展は年1回10月または11月に開催される、日本の図書館業界では最も大規模な入場無料のトレードショーである。

トレードショーは見本市ともいい,定義は以下の通りになっています。

商品の現物を見本として展示し、それを参考に取引をする期間市場

"見本市", 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, https://opac.shirayuri.ac.jp , (参照 2020-11-01)

見本市なら,学校教育は関係ないのでは…?と思う方もいらっしゃるかも知れません。もちろん学校教育に関係のない見本市も世の中にはたくさんあると思います。しかし図書館総合展は,単に商品が並んでいるだけでなく,サービスの展示も行われています。

そして企業だけでなく,学校図書館に関わる団体,学校そのものが出展しているお祭りであることから,学校教育の関係者もぜひチェックしてもらいたいブースや展示がたくさんあります。11月1日(日)時点での情報を以下に公開しますが,随時更新していきたいと思いますので,よろしくお願いいたします。

なお,私自身は図書館総合展の公式ラジオ番組である総合展ラジオ2020の製作に関わっております。こちらもガイドとしては大変分かりやすいのでぜひご覧下さいませ。

参考リンク

CA1944 - 図書館総合展の20 年 / 今井福司 | カレントアウェアネス・ポータル

 

授業に役立つ学校図書館活用データベース
CMS,Netcommons,Maple
 

| 【特集】元気な学校図書館プロジェクト | りぶしる 図書館をつなげる情報共有サイト -全国の図書館の現場から-
li:first-child :after, ol.theme_02_1 > ...
 

 

 

関連ブース

関連フォーラム

関連ポスター

関連見学会