Thieme Publishing Group, 丸善雄松堂(株)共催

開催日時
-
開催方法
オンラインシンポジウム
想定対象
大学図書館関係者
医学系図書館関係者
公共図書館関係者
研究者
図書館事例や海外の事例に興味がある方
事前申込要不要
申し込み制
定員
100

日本およびオーストラリアから大学図書館員3名をパネリストとしてお招きし、パンデミック下の図書館の事例紹介や学習の新たなトレンドに関してお話しいただき、図書館の今後の展望を考察します。

※本講座は基調講演を英語で実施いたしますが、資料に日本語訳を掲示いたします。質疑応答のみ通訳が同席いたします。

 

イベントは終了いたしました。詳細は丸善雄松堂特設サイトをご覧ください。

https://sites.google.com/view/my-lf2021/event_b1116


 

はじめに

世界的なパンデミック下での図書館、またその結果として生じた新たな学習のトレンドを考察します。Covid-19は世界中の図書館に大きな影響を与えました。特に学習に焦点を当てると、パンデミックは学習のDX(デジタルトランスフォーメーション)の触媒と言えるかもしれません。ロックダウン中はオンライン授業・講義が増え、学生や研究者は図書館に足を運ぶことができず、また大学のセミナーもハイブリット開催または完全にオンライン化されていたかと思います。図書館のパンデミック対策、学術情報の場としての機能、オンライン化等に焦点を当てていきます。

About the Online Symposium
This online symposium is about the effects on libraries from the global pandemic and the consequential trends in learning. The crisis caused by Covid 19 had a tremendous impact on libraries around the world. In particular, the way of learning has changed. The pandemic can also be seen as a catalyst for the trends of modern learning. More lectures are being held online. Students and scientists could not visit the libraries anymore due to lockdowns. Seminars are organized as blended learning events or are presented completely online. As a consequence, libraries had to cope with the pandemic effects while providing scientific resources predominantly online at the same time.

 

シンポジウム概要

日本およびオーストラリアから大学図書館員3名をパネリストとしてお招きし、パンデミック下の図書館の事例紹介や学習の新たなトレンドに関してお話しいただき、図書館の今後の展望を考察します。

基調講演では、豪・シドニー大学の図書館員がこのテーマに関して優れた洞察を共有します。図書館員インタビューでは、日本の大学図書館でご活躍されている図書館員2名にご意見をお伺いします。

チャット機能を使用したパネリストへのご質問にはその場でご回答いただきます。(質疑応答は必要に応じ通訳有)

また、シンポジウム中に参加者オンラインアンケートをライブで実施。参加者のご意見やフィードバックはオンラインアンケートを通して共有いただけます。

本イベントは、録画・アーカイブ配信等の予定はございません。ぜひ当日お見逃しなくご参加ください。図書館に関わる関心の高い各テーマについて、皆さまと交流・意見交換の機会を持てることを楽しみにしています。

 

What to expect from the Online Symposium

The online symposium will discuss the effects of the pandemic on the libraries and how the new trends in learning will influence us in the future. Key questions will be discussed which are paramount for the future developments of libraries. A keynote speaker from an Australian library will share valuable insights about this topic. Two Japanese librarians will be interviewed to gain more interesting knowledge about this topic. There will be also live polls available, so the audience can give their opinion and feedback during the session. The audience is cordially invited to ask the keynote speaker and the interview partners any kind of question during this session.

Please do not miss the chance to participate in this interesting event as this topic will definitely influence your library as well. If you like, we would be delighted to get also your feedback on the questions discussed. Your input is always very welcome. We look forward, meeting you during our session!

 

イメージ

 

Thiemeについて

Thiemeはドイツ・シュトゥットガルトに本社を置く出版社です。設立は1886年に遡り、今日ではドイツ語圏の医学出版業界でのリーディングカンパニーです。グローバルに展開していますが、現在も株式会社ではなくファミリー・カンパニーとして経営されています。医学では、脳神経外科、内視鏡検査、整形外科、耳鼻咽喉科、放射線学等多くの専門分野を世界的に先導しています。また、医学の他にも化学分野で質の高い情報を出版しています。

 

About Thieme

Thieme is a German publisher located in Stuttgart, Germany. The company was founded in 1886 and is today the leading medical publisher in the German speaking market. Thieme publishes also highly evaluated information about synthetic and general chemistry. The company is privately held and family owned. Thieme leads on a global scale in topics like Neurosurgery, Endoscopy, Orthopedic and Plastic Surgery, Otolaryngology, Radiology and many more specialties.

 


イベントは終了いたしました。詳細は丸善雄松堂特設サイトをご覧ください。

https://sites.google.com/view/my-lf2021/event_b1116

 

 

 

キーワード
開催年
2021
主催
丸善雄松堂株式会社
共催
Thieme Publishing Group
登壇者

基調講演:
Philip Kent氏 Librarian, University of Sydney

パネリスト:
富田 麻子 氏  日本医科大学中央図書館/日本医学図書館協会理事(学術情報コンソーシアム担当)/日本医学図書館協会 ヘルスサイエンス情報専門員
北川 正路 氏 東京慈恵会医科大学学術情報センター 課長

司会:
大西 里奈 氏 Sales Associate, Thieme Publishing Group
Dirk Fingerhut氏 Sales Manager, Thieme Publishing Group

メール
my_lf@maruzen.co.jp

関連フォーラム

関連ブース