大学図書館関係者必見!「地域元気指数調査」を活用した大学における地域研究事例をご紹介

開催日時
-
開催方法
オンライン
想定対象
どなたでも
事前申込要不要
定員:

大学図書館関係者必見!教育者・研究者のデータ活用の実際と図書館への期待

概要:

多くの大学で、地域の研究や課題解決に取り組む「域学連携」が行われています。大学・公共図書館でも地域資料を収集し、こうした活動を支援しています。一方で、国内の地域を共通の指標で網羅的に調査したデータは少ないのが現状ではないでしょうか。

このフォーラムでは、大学における地域研究やデータを使った学びのトレンド、「地域元気指数調査」の大学における実際の活用事例を紹介するとともに、学習者や研究者の地域研究を図書館はどう支援できるのか、図書館への期待を提示します。
 

講師:

氏家清和氏

氏家 清和 氏
筑波大学 生命環境系 准教授 

専門は農業経済学、食料消費分析。政策提言にも寄与する、公益性や新規技術をめぐる消費者行動、地域データに基づく環境保全型農業や経済波及効果などの研究に従事。地域元気指数調査を学術研究用データならびに統計教育用データとして、大学・大学院での教育研究に幅広く活用。
 

 

今野 蒼都
筑波大学 理工情報生命学術院/生命地球科学研究群/生物資源科学学位プログラム 博士前期課程2年
 

 

渡部 和代
株式会社アール・ピー・アイ 調査計画部 マネジャー


詳細・お申込み:

こちらの特設サイトよりお願いします。


地域元気指数調査について:

株式会社アール・ピー・アイが毎年10万人を対象に実施している地域元気指数調査について、調査開始時の2016年、コロナ前の2018年、最新の2021年の全国・都道府県のデータを公開しています。

地域元気指数調査データ公開

 



 

 

タグ(選択式〈推奨〉)
開催年
2022
主催
株式会社アール・ピー・アイ
登壇者

氏家 清和 氏
筑波大学 生命環境系 准教授
 

今野 蒼都
筑波大学 理工情報生命学術院/生命地球科学研究群/生物資源科学学位プログラム 博士前期課程2年
 
渡部 和代
株式会社アール・ピー・アイ 調査計画部 マネジャー
 
担当者
RPI 藤原
電話
03-5212-3411
メール
fujiwara@rpi.co.jp